一般講習GENERAL CLASS

外国人技能実習制度について

外国人が日本国内で就業に付くためには本国と日本国内で合計320時間以上の技能実習を受ける事が義務付けられております。
関東研修センターでは、日本国内で受けなくてはならない160時間以上(1カ月間)の技能実習を実施しております。
技能実習内容は【日本語】【技能習得・専門知識】【法的保護】の3つの構成で研修を行います。

一般講習内容について

時間は目安で状況に応じて調整をいたしますが、合計研修時間は規定の160時間以上、実施いたします。

日本語学習
118時間
〇教材:みどり(JITCO編)独自編纂教材
生活一般知識
40時間
地元警察・消防と協力して実施
法的保護講習
8時間
外部専門家を招いて実施
技能習得・専門知識
10時間
企業別専門用語集等を用いて実施
合計 
176時間
※日本語の習得度により時間割を変更する場合があります。
※ご希望により健康診断の受診も可能です。

特殊実習について

企業別専門用語

各組合員様や各企業様より工場内や現場で使う道具、機械名等の専門用語集を頂いておりますので研修センターでは、そちらを中心的に教育させることが可能でございます。

日本文化と生活習慣理解、マナー対策

3年間での生活に不便が無いよう、一般的な常識を学んで頂きます。共同生活において、一般的なルールの教育をいたします。 特にごみの分別では、その地区によって様々な方法がありますが、ここでは茂原市のルールに沿って収集日に出します。 また、車での移動の際に、ドアの開閉や駐車場での動き方、日本国内で快適に生活頂けるように買物の仕方、電車の乗り方、海外送金方法、ATM使用方法など日本国内で快適に生活頂けるように事前に教育を致します。

特別体験学習

実際にものつくりや組み立てなどの作業を実体験して、必要なコミュニケーションや動き方を学びます。講習期間中に自然と向き合うことで事前教育としてカリキュラムに盛込むことも可能でございます。

施設内には駐車場そばに畑ができる土地があるので、雑草の刈取や野菜の栽培などを行い、近所の住民とも挨拶ができるように慣れていくことを教えます。

労務講習

当センターでは、顧問契約を行っております労務士の先生が複数おりますので、講習時には研修センターまで来て頂き、日本の労働基準法や出入国管理及び難民認定法について、関東研修センター茂原まで来て頂き労務講習を行っています。

警察・消防訓練

講習時には茂原警察署や長生郡市消防協同組合にご協力頂きながら、実習生へ講習を行います。

茂原警察署

茂原警察署より職員の方に研修センターまで来て頂き、日本の交通ルールに対する講習や盗難や痴漢といった犯罪に対する知識を講習時に学んで頂きます。

長生郡市消防組合

地震や火災の避難方法や火災が発生した際の消火器の正しい使用方法などの講習を受けた講師が講習を行います。

日本語:単語習得の徹底

当センター編纂の単語帳を使用
動詞から習得
一日30個、繰り返し試験

報連相教育:リーダー登用制度

掃除、ごみ分別、整理、布団リーダーを決め、毎日任務を遂行してもらい、毎日スタッフに日本語で報告・連絡・相談をします。(例)節約リーダー 毎日水道メーターを確認し、一人当たりの水道料金をみなさんに発表し、節約意識を促します。

講習・生活スペースの一体化

教室と宿泊スペースがコンパクトに一体化していますので、生活指導が容易に行うことが出来ます。特に整理整頓、ごみの捨て方、夜間は静かに過ごすなどの指導に力を入れています。


講習の流れ

講習の流れ(参考)

技能実習生のとある講習の流れ(参考)を紹介します。

講習の流れ図講習の流れ図


よくあるご質問

オンライン講習とはなんですか?
外務省によりますと、「新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、海外から入国後14日間、自宅などで待機しなければならない(レジデンストラック)」とされています。これに伴い、外国人技能実習機構から「外国人技能実習機構入国後講習については、座学で行われることに照らして机と椅子が整えられた 学習に適した施設で行わなければならないこととしていますが、今般の新型コロナウイ ルス感染症の影響を踏まえ、当面の間、音声と映像を伴うテレビ会議など、講師と技能 実習生が、同時に双方向で意思疎通する方法により実施することも可能とします。(以下略)」と発表があるため、特別措置として認定を受けられる講習方法となります。
オンライン講習のカリキュラムはどうなってますか?
14日間(80時間)のオンライン講習の内容はこのようになります。
【2週間オンライン講習】
 ・日本語講習
 ・日本での生活一般に関する知識
 ※14日間だけではなく、入国後講習の160時間すべてをオンラインで受講することも可能です。
【1ヶ月間オンライン講習】
 ・日本語講習
 ・日本での生活一般に関する知識
 ・円滑な技能等の修得に資する知識
 ・公的支援講習(消防・警察)
 ・技能実習生の法的保護に必要な情報

※詳しくは、お気軽にご相談・お問い合わせください。

pagetop